ブログReadyMade:第27号を最初に見て - グリーンデザインの問題
Anonim

私たちは 、ReadyMadeが隔月出版物であることを常に忘れいるようです ...毎月「オフ」の月が来るたびに、 私たちの雑誌がどこにあるのか疑問に思っています。 しかし、それが到着すると、私たちはとても興奮しています。

最初の公式の「Blogging ReadyMade」のポストとして、我々は最初の印象について議論することから始めたいと思う。 私たちはすでにこの雑誌を愛していると知っていますが、毎回インスピレーションやDIYのアイデアを得ることは間違いありません。

彼らは、典型的には若い(本当に若い)異種カップルが完成までステージングされています。 カバーで見たいと思っているもの:作業中のイメージ、さまざまなモデルタイプ、あなたが作成したものと一緒に生きていることに対する興奮と喜びを描くシナリオです。または明らかにプリムドされた)。

結局のところ、私たちはそれがReadyMadeのすべてであると考えています。カバーショットの重要な選択によって、私たちは常に少し驚いて混乱しています。

それは、このグリーンデザインの問題、2007年2月/ 3月は、62 "シンプルなグリーンデザイン"と素晴らしい1つだ...

p。 10: ReadyMadeは、今年より多くの情報をデジタル化する予定だと発表しました。 彼らは「すべての種類の技術的なawesomenessがあなたの方法に向かった、再設計されたウェブサイトから始まった」。

p。 22-23:温室効果のある商品は、環境に与える影響と同様に見える素晴らしい緑のアイテムをいくつか紹介します。 ブナ材のセルロースと無毒染料のミレニアムマイクロファイバータオルを含む(上記写真)。

p。 40-43:スーパー・ナチュラルは、小枝ランプ、切り株便、ブランチ・コーヒー・テーブル(表紙の写真に掲載)などのリサイクル木材を使用しています。

p。 58-63: Oエコパイオニア! "緑の哲学を最も必要とされる場所:都市中心部に持ち込む"ことを約束した6人の個人を見てください。 これらの人々は、「地方レベルで世界的な変化をもたらすために責任を負う」

これがどこから来たのかさらに詳しく...この問題を掘り下げて、今月のThe Green Issueの詳細を明らかにしていきます。