ガウディのカサ・ビセンテ博物館
Anonim

1888年に建築されたアントニ・ガウディの最初の家は、2016年秋にオープンする博物館に改装されました。

もともと陶器の工場所有者のために建てられたCasa Vicensは、2014年に銀行MoraBancによって買収され、現在一般に開放される前に改装工事を受けています。

ガウディの最初の家は、バルセロナでのユニークな建築言語とモダニズムの理解に不可欠な作品です。博物館のエグゼクティブ・ディレクター、メルセデス・モラ氏は言います。

Casa Vicensは1984年以来、ユネスコの世界遺産に登録されています。

  • ガウディが2016年に博物館としてオープンする最初の家| アート新聞