LA Times Sunday Magazine:グリーン・アット・グラウンド・アップ
Anonim

LAタイムズ・サンデー・マガジンでは、グリーンが最終的にどのように人々が乗りこんでいくのに十分なほどにシックであるかについての鈍い話で、素敵なカバーストーリー。 この記事では、グリーンの現象が「ハードコアの環境保護主義者から誘拐され、企業のアメリカが新たな訴訟を起こした」と示唆している。 それが良いことなのか、それとも、儲けをするために何が緑色であるのかについて嘘をつく新しい方法を意味するのかどうかは言い難い。

私たちはいつもグリーンの世界から投稿しようとしていますが(Treehuggerのようなスーパーエコブログの助けを借りて)、私たちはペーパーでいいと思うものを取り除くことには慎重でしたが、来ると歩くことができないかもしれません使いやすさ(スマートウッドが靴とかかとを乱用する可能性があるかどうかについて陪審員がまだ出ていない竹フローリングのような)